売却向けコラム

ハウスメーカーの建てた家は、工務店が建てた家よりも高値で売却できる特徴があります。
本記事では、そもそもハウスメーカーとは何か、ハウスメーカーが手がけた家が売却しやすい理由や、売却時に重視されるポイントについて解説します。
不動産売却を検討中の方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

家の売却時に有利になる?ハウスメーカーとは

家の売却時に有利になる?ハウスメーカーとは

ハウスメーカーと言っても、具体的にどのような会社を指すのか、詳しく知らない方も多いでしょう。
この章では、ハウスメーカーとは何か、ハウスメーカーの種類や工務店との違いを解説します。

ハウスメーカーとは

一般的に、ハウスメーカーとは、家の設計・施工だけでなく、建築資材の生産まで自社でおこなう住宅の建築・販売会社のことを指します。
明確な定義はないものの、一貫したシステムで全国どこでも同じ品質の家を提供し、効率的な生産手法を確立している点が特徴的です。
ハウスメーカーは、テレビCMや新聞広告などの宣伝も積極的におこなっている企業が多いです。

ハウスメーカーが手がける家の種類

ハウスメーカーが手がける家は、以下のとおり3種類あります。

●規格住宅
●注文住宅
●建売住宅


規格住宅は、ハウスメーカーが事前に定めたデザインや素材から選ぶ住宅です。
選択肢は多岐にわたりますが、規格外の変更は基本的にできません。
最近では洗練されたデザインの規格住宅も増えています。
注文住宅は、設計からデザイン、工法まで依頼主の希望に合わせて建てる住宅のことです。
自由度に応じてフルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類に分類され、フルオーダー住宅は完全に自由な設計が可能で、価格が高いです。
セミオーダー住宅は、間取りやデザインは自由だが、一部の設備や仕様に制約があり、価格や工期は中間的になります。
建売住宅は既に建てられた状態で売られる住宅のことで、すぐに住めることやコストが抑えられる点が特徴的です。

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーが全国展開で家を建てるのに対して、工務店は地域に密着して、新築からリフォーム、増築などの住宅工事を担当する会社のことを指します。
工務店は主に、地域密着型とフランチャイズ加盟店、中堅ビルダーのような工務店の3タイプに分かれます。
工務店の住宅は、比較的広告費や人件費がかからないため、コスト面は安価です。
一方で、ハウスメーカーは建築資材の大量生産などでコストを抑えていますが、広告や開発費用がかかっています。
施工エリアについては、工務店は地域に密着し、近隣地域に限定してサービスを提供しているのに対し、ハウスメーカーは全国対応している傾向にあります。
工期については、工務店は手作業が多いため、工期が長くなることが多いのに対し、ハウスメーカーは効率的なシステム化により、短期間での建築が可能です。
このように、工務店とハウスメーカーにはそれぞれに特色があります。

▼この記事も読まれています
オーナーチェンジ物件は売却しにくい?売却価格の調べ方や成功の秘訣を解説

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由とは?

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由とは?

ハウスメーカーの建てた家の特徴がわかったところで、売却しやすい理由も気になりますよね。
ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由は、以下の4つです。

①強いブランド力

大手ハウスメーカーが持つブランド力は、その名が示す信頼と品質を表します。
特に、安定志向の顧客層は良いブランドに対して信頼を置くため、ハウスメーカーが手掛けた家は中古物件であっても注目され、売却しやすい環境が整っています。

②高い技術力

ハウスメーカーは全国どこでも同じ品質の住宅を建築するために、高水準の技術力を持っている点が魅力的です。
自社で製造する建築資材が規格化されているため、設計段階から綿密な構造計算が可能であり、安定した高品質の住宅を建築できます。
そのため、他社との差別化や高い住宅性能を実現でき、売却する際も人気となるのです。

③優れたデザイン性

ハウスメーカーは、分業制で設計やデザイン、性能強化など、各分野のプロが専門に取り組んでいます。
これによって、プロフェッショナルの技術が生かされたデザインと機能が備わっています。
また、同じコンセプトでも家族の人数や敷地面積に応じて多様なニーズを満たす住宅を提供し、顧客の満足度を高めています。

④きめ細やかなアフターメンテナンス

家の劣化を防ぐために、ハウスメーカーは建築後も定期的に住宅性能チェックを実施しています。
外装工事や設備の保守点検も定期的に行い、充実したアフターメンテナンスを提供している点が人気の一因です。
とくに、大手ハウスメーカーは、長期保証サービスを展開できる制度が整っており、心強いサポートを提供しています。
このように、ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由は、名の通ったブランド力、一貫した高品質な技術力、プロフェッショナルなデザイン性、そしてきめ細やかなアフターメンテナンスの提供によるものです。
これらの特色が相互に連携し合うことで、購入者にとって安心と信頼の住まいを提供し、売却時にもその価値が認められやすくなっています。

▼この記事も読まれています
購入申込書とは?不動産を売却する前に知っておきたい見方や注意点を解説

ハウスメーカーの建てた家が売却時に重要視されるポイントとは?

ハウスメーカーの建てた家が売却時に重要視されるポイントとは?

ハウスメーカーによって建てられた家を売却する際は、価格を左右する重要なポイントが以下のとおり3つあります。

ポイント①建物の構造・工法

ハウスメーカーが手掛ける家の構造は、主に「木造」、「鉄骨構造」、「鉄筋コンクリート構造」の3種類があります。
工法は家の建て方を意味し、木造の場合は「木造軸組工法」「木造枠組壁工法」「木質パネル工法」の3つの工法があります。
構造と工法の違いは法定耐用年数に差が出るため、資産価値に大きく影響し、同じ面積でも2倍以上の価格差が出ることもあるほどです。
法的耐用年数とは、税務上、資産価値がなくなる期間のことです。
法定耐用年数を超えると、住めなくなったり売却できなくなったりするわけではありません。
しかし、売却時には残りの耐用年数が資産価値に影響を及ぼします。
各建物構造には法定耐用年数があり、木造は20~22年、鉄骨構造は19~34年、鉄筋コンクリート構造は38~47年です。
耐用年数が長いほど資産価値が下がるのが遅く、売却価格も高くなる傾向があります。

ポイント②メンテナンスの実施状況

定期的な点検やメンテナンスをおこなっている家は、資産価値の保持が期待できるため、高値で売却できる可能性があります。
逆に、修繕を怠って不具合や破損が放置されている家は、資産価値が下落する可能性があるため、注意が必要です。
資産価値を維持するためにも、ハウスメーカーのアフターメンテナンスのサービスを利用して、定期的に家のメンテナンスを実施しましょう。

ポイント③リフォームの有無

水回りや床など、日常使いで劣化する箇所は、メンテナンスだけでは品質を維持できないこともあるでしょう。
そのような劣化の目立つ場所は、設備の交換や床の張り替えなど、部分的なリフォームで対応すると売却時にポイントが高いです。
ただし、売却目的でのリフォームでは費用を回収できない可能性もあるので、慎重な判断が必要です。
あくまでも、生活の快適さや資産価値の維持を目的にリフォームを考えると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブル!トラブル解決策と回避方法を解説

まとめ

ハウスメーカーとは、家の設計・施工や建築資材の生産まで自社でおこなう住宅の建築・販売会社のことです。
ハウスメーカーの家が売却しやすい理由は、ブランド力や高い技術力、優れたデザイン性、充実したアフターメンテナンスの4つです。
建物の構造や工法、メンテナンスとリフォームの状況などが売却時の重要なポイントとなります。

目次


前の記事を読む 次の記事を読む

おすすめ記事

カテゴリ

関連記事

財産分与で取得した不動産はもらう側に税金がかかる?ケース別に解説の画像

売りたい

財産分与で取得した不動産はもらう側に税金がかかる?ケース別に解説

目次 ▼ 財産分与で取得した不動産はもらう側に税金がかからない?▼ 財産分与で不動産取得後にもらう側が支払う必要のある税金▼ 財産分与の場合でももらう側に税金がかかる場合とは?▼ まとめ離婚による財産分与での不動産取得に税金がかかるかどうか、気になる方も多いでしょう。本記事では、財産分与時に不動産をもらう側に税金がかからないケースと不動産取得後に支払う必要のある税金、財産分与時に税金がかかるケースについて解説します。不動産を所有しており、離婚を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む財産分与で取得した不動産は...

不動産売却後に届く「お尋ね」とは?内容や対処法について解説の画像

売りたい

不動産売却後に届く「お尋ね」とは?内容や対処法について解説

目次 ▼ 不動産売却後に届く「お尋ね」とは▼ 不動産売却後に届く「お尋ね」の内容▼ 不動産売却後に「お尋ね」が届いた場合の対処法▼ まとめ不動産売却をおこなうと、税務署から「お尋ね」という書類が届く場合があります。税務署からの書類なので、すぐに内容を把握して対処することが大切です。そこで今回は、不動産売却後に届く「お尋ね」とはなにか、その内容や届いた場合の対処法について解説します。マイホームの売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む不動産売却後に届く「お尋ね」とは 一般の方にとって、税務署から書類が...

収益物件を売却したときの税金の種類や対策!確定申告までの流れも解説の画像

売りたい

収益物件を売却したときの税金の種類や対策!確定申告までの流れも解説

目次 ▼ 収益物件を売却したときにかかる税金の種類とは?▼ 収益物件を売却したときの税金対策とは?▼ 収益物件の売却から税金の確定申告の流れ▼ まとめマンションやアパートなどの収益物件を売却したときは、税金がいくらかかるのか気になりますよね。そこで今回は、収益物件を売却したときにかかる税金の種類や税金対策、確定申告までの流れについて解説します。収益物件の売却を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの投資物件一覧へ進む収益物件を売却したときにかかる税金の種類とは? 収益物件も通常の不動産と同じように、売却したときは税金がかかりま...

空き家の固定資産税が6倍に!増税までの流れと対策について解説の画像

売りたい

空き家の固定資産税が6倍に!増税までの流れと対策について解説

目次 ▼ 空き家を放置していると固定資産税が6倍も増税される?▼ 空き家の固定資産税が6倍になる流れとは?▼ 空き家の固定資産税が6倍に増税されないための対策とは?▼ まとめ空き家を所有していると、毎年の固定資産税の支払いが負担に感じますよね。実は、空き家は放置していると固定資産税が6倍になる可能性があります。本記事では、空き家の固定資産税が増税される理由や固定資産税が6倍になる流れ、増税を回避する対策について解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む空き家を放置していると固定資産税が6倍も増税される? 不動産の固定資産税は、自治体が定め...