購入向けコラム

一戸建てでイルミネーションができる場所とは?ライトの種類や注意点を解説

一戸建てでイルミネーションができる場所とは?ライトの種類や注意点を解説の画像

街のライトアップやイルミネーションを見ていると、マイホームでもイルミネーションをおこなうことに憧れますよね。
本記事では、一戸建てにおけるイルミネーションの設置場所やライトの種類、イルミネーションを楽しむ際の注意点について解説します。
一戸建てを購入後にイルミネーションの設置を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

一戸建てでイルミネーションできる場所とは?

一戸建てでイルミネーションできる場所とは?

一戸建てにイルミネーションを設置しようと思っても、どの場所に設置すれば良いか迷いますよね。
おすすめの場所は、以下のとおりです。

玄関エリア

玄関は家の顔と言われる場所です。
玄関にイルミネーションを設置すれば、訪れる方々に明るく温かい歓迎のメッセージを送ることができます。
具体的には、ドアフレームを囲むようにライトを配置したり、屋根の軒先にぶら下がるライトを設置したりすれば、クラシカルでありながらも華やかな入り口を演出できます。
また、玄関の床には、動きを感知してライトが点灯するセンサー式のイルミネーションを敷くと、帰宅するたびに自動的にイルミネーションを点灯させることも可能です。

窓辺

窓は家の内外から見えるため、イルミネーションを映えさせるのに最適な場所です。
窓枠に沿ってLEDライトを並べると、シンプルながらも洗練されたデザインを作り出すことができます。
また、窓ガラスに吸盤で取り付けられるイルミネーションや窓の内側に吊るすことができる小さなライトアップされたオーナメントを使用すると、室内からの眺めも美しくすることが可能です。

庭にイルミネーションを施すと、まるで光の庭園を作り出すことができます。
庭の植木にストリングライトを巻きつければ、自然の形を生かしたデザインになります。
また、芝生にスポットライトを設置して、上または下からライトアップすると、立体感のある光の演出が楽しめるでしょう。
広範囲にわたる装飾は時間と労力が必要ですが、その分、家全体を華やかに彩ることができます。
とくに、クリスマスにおこなうと、ロマンチックな空間を演出できるでしょう。

リビング

リビングは家族が集まる場所であり、イルミネーションで温かみのある雰囲気を作り出すことができます。
カーテンレールには、光るガーランドを飾り付けたり、壁にはフェアリーライトを配置したりすると、幻想的な空間になるでしょう。
また、家具の周りや棚のうえに小さなライトを配置すると、部屋全体に散りばめられた光のアクセントを楽しむことができます。
リビングのイルミネーションは、室内で過ごす時間をより特別なものに変えてくれるでしょう。

▼この記事も読まれています
古民家リノベーションの魅力とは?かかる費用や補助金制度をご紹介

一戸建てのイルミネーションに使えるライトの種類とは?

一戸建てのイルミネーションに使えるライトの種類とは?

一戸建てでイルミネーションをおこなう際は、使えるライトの種類も気になりますよね。
電源の種類やライトの形状の種類は、以下のとおりです。

電源の種類と特徴

プラグ式のライトは、安定した電源供給が可能で、長時間の使用に耐えるため、クリスマスシーズンなどの長期間のディスプレイに適しています。
屋外の壁面や屋根、大きな樹木に設置する際に好まれるタイプです。
タイマー機能付きを選ぶと、設定した時間に自動で点灯・消灯します。
ただし、コンセントの位置や電源コードの長さを事前に確認し、必要に応じて延長コードを用意する必要があるでしょう。
ソーラー式のライトは、電気代がかからず、環境に優しいです。
日中に太陽光で充電し、夜に自動で点灯するため、設置後の手間がかかりません。
とくに、日当たりの良い庭やバルコニー、窓辺などに設置すると効果的です。
日中の太陽光をしっかりと受けられる場所を選びましょう。
ただし、充電量は日照時間と天候に左右されるため、曇りや雨の日は点灯時間が短くなることがあります。
電池式のライトは、電源が不要なため、どこにでも設置可能です。
とくに屋外で電源の届かない場所や動きのある装飾に最適です。
ガーデンパーティーのテーブルの下や、玄関先のリースに取り入れるなど、一時的な装飾にも手軽に使えます。
ただし、電池の交換が必要となり、長時間の使用には向きません。
また、電池のコストも考慮する必要があります。

ライトの形状の種類と特徴

主なライトの形状の種類は、ストリングライトとネットライト、モチーフライトの3種類です。
ストリングライトとは、1本のコードに複数のLED電球が付いたストレートタイプのライトです。
クリスマスツリーに用いられることが多く、さまざまな形状のものに合わせて巻き付けることができます。
柔軟性が高く、連なる小さなライトが繊細な美しさを演出します。
植木やフェンス、バルコニーの手すりなどにストリングライトを巻き付けると、幻想的な雰囲気を作り出せるでしょう。
また、屋内では壁面や家具に沿って装飾するのもおすすめです。
ただし、長さやライトの間隔を事前に測定し、必要な長さを確保することが大切です。
ネットライトとは、LED電球が網のようなクロス状のコードに均等に配置されたイルミネーションを指します。
クロス状なので植栽やフェンスなどの大きな面積を一度に飾ることができ、均一な光の分布を作り出すことが可能です。
また、アーケードや天井に吊り下げて空間を演出するなど、発想次第でさまざまな使い方が簡単にできます。
購入する際は、サイズを事前に確認し、装飾したい面積に合ったものを選びましょう。
モチーフライトとは、サンタクロースや雪だるまなど、立体的な形をしたライトのことです。
モチーフライト1つで存在感があり、クリスマスやハロウィンなど、特定のテーマやイベントに合わせたデザインが豊富です。
玄関先や庭に置くだけで、季節感や祝祭感を演出できます。
また、子ども部屋のナイトライトとしても人気です。
モチーフライトを購入する際は、モチーフの大きさやデザインが周囲の装飾と調和するかを考慮して選ぶと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
リノベーションでワークスペースを作るには?費用やポイントをご紹介

一戸建てでイルミネーションを楽しむ際の注意点とは?

一戸建てでイルミネーションを楽しむ際の注意点とは?

一戸建てでイルミネーションを楽しむ際は、以下の点に注意が必要です。

注意点①光害への配慮

イルミネーションは華やかで心を躍らせるものですが、近所の住民への配慮も大切です。
ライトが多くて光が強すぎる場合、睡眠の妨げになることもあるため、以下のような配慮をおこないましょう。

●タイマー設定
●光の強さの調節
●事前の挨拶


イルミネーションを設置する際は、自動で消灯するタイマーを利用し、深夜にはライトが消えるように設定しましょう。
ライトは、眩しすぎない柔らかい光のイルミネーションを選ぶと、周囲への影響を減らすことができます。
また、設置前に近隣住民への挨拶をおこない、理解と協力を求めると、トラブルを避けることができるでしょう。

注意点②漏電の防止

電気製品を使用するうえで、漏電は大きなリスクです。
そのため、防水・防雨タイプのイルミネーションを選択したり、コンセントの保護をしたりなどの対策を取りましょう。
防水タイプのイルミネーションを選ぶ際、防滴と書かれたものは防水効果が薄いため、屋外での使用には注意が必要です。
コンセントは雨水が入らないように下向きに差し込むか、防水ボックスを使用しましょう。

注意点③設置時の安全対策

イルミネーションの設置は安全第一でおこないましょう。
外壁やベランダなど高い場所での作業は、転落の危険があるため、複数人でおこない、脚立の使用時は安定させることが大切です。
電気工事に不安がある場合は、専門の業者に設置を依頼すると安心です。

注意点④電源の確保

屋外でプラグ式のイルミネーションを設置する際は、電源の確保が必要になります。
設置したい場所の近くにコンセントがあるかを事前に確認しましょう。
コンセントが足りない場合は、延長コードを用意するなどの計画が必要です。

▼この記事も読まれています
ペットのためにマンションをリノベーション!事例や注意点を解説

まとめ

一戸建てでイルミネーションをおこなう場所は、玄関や窓、庭やリビングがおすすめです。
ライトの形状は3種類あり、家のスタイルやイベントに合わせて最適なライトを選びましょう。
近隣住民への配慮や漏電の防止、電源の確保や設置時の安全対策などの注意点をしっかりと押さえ、美しいイルミネーションをお楽しみください。


前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

狭小地とは?狭小地の土地を購入するメリット・デメリットや間取りを解説の画像

買いたい

狭小地とは?狭小地の土地を購入するメリット・デメリットや間取りを解説

目次 ▼ 土地の購入前に知りたい「狭小地」とは?▼ 狭小地の土地を購入するメリット・デメリットとは?▼ 土地購入前にチェック!狭小地の間取りアイデア▼ まとめ土地を探すときは、立地だけでなく面積についても悩むところでしょう。本記事では、土地選びの際に気になる「狭小地」とはなにか、狭小地を購入するメリット・デメリットや狭小地に家を建てる際の間取りについて解説します。土地の購入を検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む土地の購入前に知りたい「狭小地」とは? 「狭小地」に具体的な定義はありませんが、一般的に15~...

独身が一戸建てを購入するメリット・デメリット!物件選びのポイントを解説の画像

買いたい

独身が一戸建てを購入するメリット・デメリット!物件選びのポイントを解説

目次 ▼ 独身者が一戸建てを購入するメリットとは?▼ 独身者が一戸建てを購入するデメリットとは?▼ 独身者が一戸建てを購入する際の物件選びのポイントとは?▼ まとめ独身生活が長いと「このまま家賃を支払い続けるよりも、一戸建てを購入したほうが良いのか」と悩みますよね。この記事では、独身が一戸建てを購入するメリットとデメリット、購入する際の物件選びのポイントについて解説します。一戸建ての購入を検討している方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む独身者が一戸建てを購入するメリットとは? 一戸建ては、独立した生活空間として...

転勤族が一戸建てを購入するメリットとは?気をつけるポイントも含めて解説の画像

買いたい

転勤族が一戸建てを購入するメリットとは?気をつけるポイントも含めて解説

目次 ▼ 転勤族が一戸建てを購入するタイミング!▼ 転勤族が一戸建てを購入する際に気をつけるポイント▼ 転勤族が一戸建てを購入するメリットとは?▼ まとめ転勤が多い方は、家族で住む一戸建てを購入するタイミングを迷いますよね。そこで今回は、転勤族が一戸建てを購入するタイミングや購入の際に気をつけるポイント、購入するメリットについて解説します。一戸建ての購入を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む転勤族が一戸建てを購入するタイミング! 転勤族が一戸建てを購入するタイミングは、主に以下の3つです。①子どもが生ま...

床暖房はリノベーションで後付けできる?施工方法や費用相場をご紹介の画像

買いたい

床暖房はリノベーションで後付けできる?施工方法や費用相場をご紹介

目次 ▼ 床暖房をリノベーションで後付けすることは可能?▼ 床暖房リノベーションの施工方法とは?▼ 床暖房をリノベーションで後付けするときの費用相場▼ まとめ寒い地域にお住まいの方は、マイホームを購入後に「床暖房を設置しておけば良かった」と感じることは少なくありません。冷たい床は、冬場にはつらいものです。そこで今回は、マイホームを購入後にリノベーションで床暖房を後付け可能かどうかや施工方法、費用相場についてご紹介します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む床暖房をリノベーションで後付けすることは可能? 結論から申し上げると、一般的に床暖房をリノ...