購入向けコラム

団体信用生命保険のひとつ「一般団信」とは?内容や加入時の注意点を解説!

団体信用生命保険のひとつ「一般団信」とは?内容や加入時の注意点を解説!の画像

住宅ローンの利用を検討したことがある方は、「団信」という言葉をご存じなのではないでしょうか。
団信にはいくつかの種類があり、費用や内容が異なるため、ご自身に合った種類を選ぶことが大切です。
そこで今回は、団信のなかでも「一般団信」について、内容や注意点などを解説します。

住宅ローンの「一般団信」とは?どのような内容?

住宅ローンの「一般団信」とは?どのような内容?

住宅ローンの契約時、多くの金融機関では「団体信用生命保険」への加入を義務付けています。
団信とは、団体信用生命保険の略称のことです。
住宅ローンの契約後は、契約者が長期にわたって毎月返済することになりますが、人生は何があるかわかりません。
返済期間中に病気や大ケガに見舞われて重い障害が残ったり、命を落としたりして、契約者が返済できなくなることもあるでしょう。
団信では、被保険者が住宅ローン契約者、保険契約者および保険金受取人が金融機関となっています。
住宅ローン契約者が障害や死亡によって返済を続けられなくなったときに、ローン残高相当の保険金が金融機関に支払われる仕組みです。
住宅ローン残債がゼロになるため、契約者の家族などが返済を続ける必要はありません。

団信には種類がある

多くの金融機関が加入を義務付けているため、団信の存在自体は多くの方がご存じのことでしょう。
しかし団信には、住宅ローン契約者のニーズにあわせていくつか種類があることをご存じない方は多いのではないでしょうか。
団信の種類を大まかにわけると、次のようになります。
一般団信
団信のなかでも一般的な種類です。
住宅ローン契約者が高度障害を負ったり、死亡したりしたときに保険金が支払われます。
高度障害に該当するのは、両目を失明したケースや、神経や臓器の損傷により終身介護が必要になったケース、四肢の複数に障害もしくは切断の必要が生じたケースなどです。
これらは一例であり、病気やケガにより身体の機能が著しく損なわれ、生活に大きな支障をきたすと判断された場合、高度障害を負ったとみなされます。
一般団信では、住宅ローン契約者は保険料を別途支払う必要はありません。
ただし、加入時に健康状態についての審査があり、持病が理由で審査に落とされることもあります。
ワイド団信
持病などが原因で一般団信に加入できない方の選択肢となる団信です。
健康状態の審査基準が緩和されており、糖尿病などの持病がある方でも比較的スムーズに加入できます。
保険金が下りる条件は一般団信と変わらず、住宅ローン契約者が高度障害を負った、もしくは死亡した場合です。
ただし健康状態の審査基準が緩和されている分、リスクが高いと判断され、住宅ローン契約者に別途保険料の支払い義務が生じます。
また基準が緩和されているとはいえ、持病のある方全員が加入できるわけではありません。
疾病保障付き団信
疾病保障付き団信には、「がん団信」や「3大疾病保障付き団信」などの種類があります。
住宅ローンの支払いが難しくなる原因は、高度障害や死亡だけではありません。
高度障害には該当しない障害や、長期的な治療が必要となる病気などで、仕事が制限されることもあるでしょう。
そのような事態に備えて、高度障害や死亡以外でも保険金が支払われる特約が付いた団信を、一般的に疾病保障付き団信と呼びます。
こちらもワイド団信と同様に、住宅ローン契約者による別途保険料の支払いが必要です。

▼この記事も読まれています
住宅ローンの審査に通りやすい方の特徴や職業とは?審査通過のコツを解説

一般団信に加入する際の注意点とは?

一般団信に加入する際の注意点とは?

団信には種類があり、どの団信に加入するかによって、毎月の返済額や保険金が支払われる条件に違いが生じます。
そのなかでも一般団信はごく一般的な種類ですが、内容や注意点をしっかりと押さえたうえで契約することが大切です。
一般団信に加入する際の注意点は、次のとおりです。

注意点①健康状態によっては加入できない可能性がある

団信の加入時には、健康状態に関する告知をしなくてはなりません。
持病があるケースのほか、契約直前に手術歴があったり、過去に重い病気に罹患していたりするケースでも、加入できない可能性があります。
フラット35をのぞき、ほとんどの金融機関が住宅ローン契約時の条件として団信への加入を挙げているため、団信に加入できない場合は住宅ローンにも加入できません。
健康状態に不安要素がある方は、ワイド団信を検討するか、フラット35を利用することをおすすめします。

注意点②契約後に契約内容の変更はできない

加入時に一般団信を選択したものの、途中で疾病保障付き団信への変更を希望される方もいます。
しかし一般団信に加入したあとは、契約内容を変更することはできません。
加入時に付けた特約を解約したり、一般団信自体を中途解約したりすることも不可能です。
なお、住宅ローンを借り換える際は、それまでの団信の契約は終了となります。
新たな住宅ローンの契約先で、あらためて加入の手続きが必要です。

注意点③高度障害や死亡以外では保険金は支払われない

一般団信の場合、疾病などにより仕事の継続が難しい場合でも、高度障害を負うもしくは死亡するケース以外では、保険金は支払われません。
現在は健康状態に問題がない方でも、ある日突然事故に遭ったり、健康診断で大病が見つかったりすることがあります。
また住宅ローンの返済は長期にわたり、契約者も年齢を重ねるため、体調を崩すリスクは次第に高くなるでしょう。
一般団信への加入を希望する場合は、保険金の対象とならない疾病にかかっても返済を続けられるよう、貯金などの対策を講じることが大切です。

▼この記事も読まれています
無担保の住宅ローンとは?メリット・デメリットやおすすめの方を解説!

団信に付けられる特約の内容とは?

団信に付けられる特約の内容とは?

今後の健康リスクを考えた結果、一般団信の内容では不安があるという方は、一般団信に特約を付けた「疾病保障付き団信」を検討すると良いでしょう。
最初の章でご紹介したとおり、疾病保障付き団信には、特約の種類ごとに「がん団信」「3大疾病団信」などがあります。

がん(悪性新生物)

がんは、日本人の死亡原因の第1位となっている疾患です。
がんに関する特約を付けると、住宅ローン契約者ががんと診断された場合に、住宅ローン残債の全額もしくは半額の保険金が支払われます。
ただし、上皮内がんが見つかった場合や、加入後まもなくがんが発覚した場合など、がんと診断されても対象とならないケースがあるため注意が必要です。

3大疾病・8大疾病・11大疾病

3大疾病とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中のことであり、いずれも日本人の死亡原因の上位を占めます。
8大疾病は3大疾病に5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)、11大疾病は8大疾病に大動脈瘤および解離・上皮内がん・悪性黒色腫以外の皮膚がんを加えたものです。
団信にこれらの特約を付けると、契約者がいずれかに罹患して所定の状態になった場合に、住宅ローンの残債相当額の保険金が支払われます。
がんは診断だけで保険金が支払われますが、それ以外の疾患については、一定期間就業できないことが保険金の支払い要件となっていることがほとんどです。
11大疾病に関する特約は対応していない金融機関も多いため、希望する方は事前に確認しておきましょう。

そのほかの特約

上記のほかに、精神疾患をのぞくすべての病気やケガが対象となる特約や、所定の身体障害や要介護状態となったときに保障を受けられる特約などもあります。
保障内容が充実するほど安心感が増しますが、契約者の金銭的な負担も増すため、しっかりと検討することが大切です。

特約に関する費用の支払い方法とは

一般団信の保険料は契約者が負担することはなく、基本的には住宅ローンの金利に保険料相当額が含まれています。
しかし特約を付ける場合は、別途費用の支払いが必要なケースがほとんどです。
契約内容にもよりますが、一般的には年0~0.3%程度の金利を住宅ローンに上乗せする形で支払います。

▼この記事も読まれています
住宅ローンで余ったお金はどうする?オーバーローンや対応について解説

まとめ

一般団信とは、特約などの付いていない一般的な団体信用生命保険のことです。
住宅ローン契約者が高度障害を負ったり、死亡したりすると、住宅ローン残債相当の保険金が金融機関に支払われます。
がんなどによるリスクに備えたい場合は、別途費用を支払い、特約を付けることも可能です。


前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

再生住宅とは?購入するメリットやおすすめの方を解説!の画像

買いたい

再生住宅とは?購入するメリットやおすすめの方を解説!

目次 ▼ 再生住宅とは▼ 再生住宅のメリット▼ 再生住宅がおすすめの方▼ まとめマイホーム購入を検討している方のなかには、「再生住宅」という言葉を目にした経験はないでしょうか。ただ、「再生住宅」とは何か、どのような特徴があるのかを知らない方は多くいらっしゃるかと思います。そこで今回は「再生住宅」とは何か、購入するメリットやおすすめの方について解説していますので、ご参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む再生住宅とは そもそも「再生住宅」とはどのような住宅なのでしょうか。具体的な特徴についてご紹介します。良質なリノベーション再...

40代で中古マンションを購入するメリットとは?選び方や注意点を解説の画像

買いたい

40代で中古マンションを購入するメリットとは?選び方や注意点を解説

目次 ▼ 40代で中古マンションを購入するメリット▼ 40代で中古マンションを購入する際の選び方▼ 40代で中古マンションを購入する際の注意点▼ まとめ仕事や子育てが落ち着き始め、40代でマンション購入を検討しているものの、年齢的に遅すぎないか、住宅ローンは借りられるのか、などと不安になっている方は多いのではないでしょうか。しかし、40代でのマンション購入にはメリットがあります。今回は、そのメリットと選び方や注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む40代で中古マンションを購入するメリット 4...

土地購入時に確認したい「非線引き区域」とは?一戸建ての建築について解説の画像

買いたい

土地購入時に確認したい「非線引き区域」とは?一戸建ての建築について解説

目次 ▼ 土地購入時に確認したい「非線引き区域」とは?▼ 非線引き区域にある土地を購入するメリット・デメリット▼ 購入した非線引き区域の土地に一戸建ては建てられる?▼ まとめ土地購入時には、多くの方が「価格」「交通の利便性」「周辺環境」などを重視します。しかし、土地購入後に建築物を建てたい場合は、その土地は街づくりにおいてどのような位置づけなのか、どのような規制がかかっているのかなどを確認しなくてはなりません。土地の規制はエリアによってわけられているケースが多いため、まずは法律上どのようなエリアが存在するのか、知識を深めておくと良いでしょう。今回は、さまざまなエリアのなかから「非線引き区域...

不動産を購入するときの注意点とは?購入の流れも解説!の画像

買いたい

不動産を購入するときの注意点とは?購入の流れも解説!

目次 ▼ 不動産を購入するときの基本的な流れ▼ 購入したい不動産を「選ぶ」ときの注意点▼ 不動産物件を「購入する」ときの注意点▼ まとめマイホームの購入を検討している方のなかには、不動産購入の流れや選び方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。不動産の購入は「大きな買い物」という認識の方も多いはずですので、購入後に「失敗した…」と後悔することは避けたいかと思います。そこで今回の記事では、不動産を購入するときの基本的な流れをはじめ、注意点などを解説していきます。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む不動産を購入するときの基本的な流れ ...