購入向けコラム

床暖房はリノベーションで後付けできる?施工方法や費用相場をご紹介

床暖房はリノベーションで後付けできる?施工方法や費用相場をご紹介の画像

寒い地域にお住まいの方は、マイホームを購入後に「床暖房を設置しておけば良かった」と感じることは少なくありません。
冷たい床は、冬場にはつらいものです。
そこで今回は、マイホームを購入後にリノベーションで床暖房を後付け可能かどうかや施工方法、費用相場についてご紹介します。

床暖房をリノベーションで後付けすることは可能?

床暖房をリノベーションで後付けすることは可能?

結論から申し上げると、一般的に床暖房をリノベーションで後付けすることは可能です。
具体的には、床の表面を張り替えたり、既存の床の上に床暖房シートを重ねたりすることができます。
ただし、マンションの管理規約や建物の条件によっては、後付けが困難な場合もあるため、事前に販売店や専門家に相談することをおすすめします。
マイホームの状況に最適な床暖房の設置プランを検討しましょう。
床暖房には主に「電気式床暖房」と「温水式床暖房」の2種類があります。
マイホームを購入後にリノベーションを検討されている場合には、とくに電気式床暖房の設置がおすすめです。
それぞれの床暖房の特徴と、なぜ電気式床暖房がリノベーションに適しているのかをご紹介します。

電気式床暖房

電気式床暖房は、電熱線が内蔵されたパネルを床下に設置することによって床を直接暖めるシステムです。
設置が比較的簡単で、場合によっては1日で導入完了することも可能です。
コスト面でも比較的リーズナブルなため、リノベーションに適しています。

温水式床暖房

温水式床暖房は、床下に配管を通し、ガスや電気、大気熱などで加熱した水を循環させることによって床を暖めるタイプです。
温水式は床全体を均一に暖めることができ、じんわりとした暖かさが魅力です。
ただし、配管の設置が必要であるため、工事が複雑で時間とコストがかかる点がデメリットになります。
リノベーションで後付けするには、難しいタイプです。
快適な冬の暖房を実現するために、ご自宅に適切な床暖房を選ぶことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
古民家リノベーションの魅力とは?かかる費用や補助金制度をご紹介

床暖房リノベーションの施工方法とは?

床暖房リノベーションの施工方法とは?

床暖房のリノベーションは「直貼り」と「張り替え」の2種類の施工方法があります。
この章では、それぞれの施工方法の特徴とメリット・デメリット、マンションに設置する場合の注意点についてご紹介します。

直貼り

直貼りとは、既存の床のうえに直接床暖房用のパネルを設置する施工方法です。
直貼りのメリットは、床を全面的に張り替える必要がなく、施工も比較的簡単であるため、1~2日程度で完了する点です。
コストも抑えられるため、迅速に床暖房を導入したい場合に適しています。
直貼りのデメリットは、床暖房の設備を追加することによりフローリングと床暖房パネルの間に段差が生じる点です。
とくに、ご高齢の方や小さなお子さまがいるご家庭では、段差によってつまずきや転倒のリスクを高める可能性があるためご注意ください。
このようなリスクを最小限に抑えるためには、段差をなくす追加の工事を検討することが重要です。
これにより、安全かつ快適に床暖房を利用できます。
なお、床暖房を設置する際には、これらの点を十分に考慮し、ご家庭の状況やニーズに合った適切な方法を選ぶことが大切です。

張り替え

床暖房の設置方法として「張り替え」という手法もあります。
張り替えは、既存の床を取り除き、新たに暖房機能付きの床材に交換します。
張り替えの最大のメリットは、床全体がフラットに仕上がることです。
これにより、どこを歩いても段差によるつまずきや転倒の心配がなく、見た目も美しく整います。
また、畳からフローリングへの変更など、床材自体のアップグレードも同時におこなうことが可能です。
ただし、床を完全に張り替えるため、作業は大掛かりになります。
そのため、直貼りに比べて工事にかかる日数が長くなり、費用も高くなる傾向があります。
しかし、床暖房だけでなく、フローリングの質感や色合いを新たに選ぶことができるため、リフォームを全面的に考えている場合にはとくにおすすめです。
床の張り替えによって、お部屋全体の印象もガラリと変わりますので、新しい生活空間を創出する大きな一歩となるでしょう。

マンションの場合

マンションにおける床暖房の設置は、その建物の「管理規約」によって制限されることがあります。
とくに、床の張り替えが禁止されているマンションや、高い遮音性能を持つフローリングが施されている場合は、床を剥がしての張り替えタイプの床暖房の設置が難しいことが多いです。
また、温水式床暖房のように床下にパイプを通す必要があるタイプも、規約によっては設置が許可されていないことがあります。
したがって、リノベーションを検討する前に、まずはマンションの管理規約を確認してください。
施工が可能かどうかを正確に把握すると、無駄な費用や時間を避けることができます。
管理規約によって制限がある場合は、直貼りなどのほかのオプションを検討しましょう。
床暖房は快適な室内環境を提供する優れた設備ですが、マンションでの設置にはとくに慎重な計画が必要です。
プロの意見を求めることも1つの手段です。

▼この記事も読まれています
リノベーションでワークスペースを作るには?費用やポイントをご紹介

床暖房をリノベーションで後付けするときの費用相場

床暖房をリノベーションで後付けするときの費用相場

床暖房をリノベーションで設置する際、とくに気になるのが費用ですよね。
最後に、電気式床暖房と温水式床暖房の設置にかかる費用相場と、必要な工事期間についてご紹介します。

電気式床暖房の費用相場

電気式床暖房は、設置方法によって費用が異なります。
直貼りの場合は、1畳あたり5万円~8万円が目安です。
たとえば、8畳の部屋の場合、材料費等を含むと総額で32万円~72万円になります。
貼り替えの場合、1畳あたり8万円~11万円です。
10畳の部屋であれば、80万円~110万円の費用がかかると考えられます。
工事期間は設置方法によっても異なります。
直貼りの場合、1日~2日で完了することが多いです。
貼り替えの場合、3日~5日が一般的です。
床の貼り替えが含まれるため、より複雑な作業が必要となり、工事期間が長くなることもあります。
リフォームの範囲や選ぶ施工会社によって費用は変動するため、これらの数値はあくまで目安としてご参考にしてください。
床暖房の設置を検討する際は、複数の見積もりを取ると、より正確な予算計画を立てることができるでしょう。

温水式床暖房の費用相場

温水式床暖房の場合、設置にかかる費用は部屋の大きさや工事の内容によって異なりますが、以下のような目安があります。

●8畳の部屋:40万円~95万円
●10畳の部屋:49万円~100万円


この費用には、床の解体や廃材処理などが含まれています。
温水式床暖房は設置作業が複雑であり、床を新たに作る必要があるため、追加費用が発生することが一因です。
温水式床暖房の工事期間は、施工方法によって異なります。
直貼りの場合は1日~2日、張り替えは3日~5日かかります。
また、温水式床暖房を導入する際には、設置費用とは別で水を温めるための熱源機も必要です。
熱源機の本体費用は使用するエネルギーの種類によって異なります。

●ガス熱源機:10万円~50万円
●電気熱源機:30万円~100万円
●ガスと電気の併用:10万円~50万円


熱源機の選択は、ランニングコストやエネルギーの効率も考慮する必要があるため、詳細は専門家に相談することをおすすめします。
これらの情報を基に、床暖房の設置計画を立てる際は、総合的なコストや工事の規模をご検討ください。

▼この記事も読まれています
ペットのためにマンションをリノベーション!事例や注意点を解説

まとめ

床暖房は、マイホームを購入後にリノベーションで後付けすることが可能です。
施工方法は、直貼りと張り替えの2種類があり、マンションの場合は設置が可能か管理規約を確認することが大切です。
設置費用は、電気式床暖房を直貼りする場合は8畳で32万円~72万円ほど、温水式床暖房は8畳で40万円~95万円ほどになります。


前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

不動産を購入するときの注意点とは?購入の流れも解説!の画像

買いたい

不動産を購入するときの注意点とは?購入の流れも解説!

目次 ▼ 不動産を購入するときの基本的な流れ▼ 購入したい不動産を「選ぶ」ときの注意点▼ 不動産物件を「購入する」ときの注意点▼ まとめマイホームの購入を検討している方のなかには、不動産購入の流れや選び方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。不動産の購入は「大きな買い物」という認識の方も多いはずですので、購入後に「失敗した…」と後悔することは避けたいかと思います。そこで今回の記事では、不動産を購入するときの基本的な流れをはじめ、注意点などを解説していきます。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む不動産を購入するときの基本的な流れ ...

一戸建てにおける子ども部屋の適切な間取りとは?ポイントをご紹介の画像

買いたい

一戸建てにおける子ども部屋の適切な間取りとは?ポイントをご紹介

目次 ▼ 一戸建てにおける子ども部屋の適切な間取りとは?▼ 一戸建てにおける子ども部屋のポイントとは?▼ 一戸建てにおける兄弟がいる場合の子ども部屋について▼ まとめマイホームを購入するときは、子ども部屋の部屋数や広さについて迷いますよね。そこで今回は、一戸建てにおける子ども部屋の適切な間取りやポイント、兄弟がいる場合の間取りについてご紹介します。一戸建ての購入を検討している方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む一戸建てにおける子ども部屋の適切な間取りとは? 子ども部屋に適した時期は、子どもが幼稚園や学校に入る時...

狭小地とは?狭小地の土地を購入するメリット・デメリットや間取りを解説の画像

買いたい

狭小地とは?狭小地の土地を購入するメリット・デメリットや間取りを解説

目次 ▼ 土地の購入前に知りたい「狭小地」とは?▼ 狭小地の土地を購入するメリット・デメリットとは?▼ 土地購入前にチェック!狭小地の間取りアイデア▼ まとめ土地を探すときは、立地だけでなく面積についても悩むところでしょう。本記事では、土地選びの際に気になる「狭小地」とはなにか、狭小地を購入するメリット・デメリットや狭小地に家を建てる際の間取りについて解説します。土地の購入を検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む土地の購入前に知りたい「狭小地」とは? 「狭小地」に具体的な定義はありませんが、一般的に15~...

独身が一戸建てを購入するメリット・デメリット!物件選びのポイントを解説の画像

買いたい

独身が一戸建てを購入するメリット・デメリット!物件選びのポイントを解説

目次 ▼ 独身者が一戸建てを購入するメリットとは?▼ 独身者が一戸建てを購入するデメリットとは?▼ 独身者が一戸建てを購入する際の物件選びのポイントとは?▼ まとめ独身生活が長いと「このまま家賃を支払い続けるよりも、一戸建てを購入したほうが良いのか」と悩みますよね。この記事では、独身が一戸建てを購入するメリットとデメリット、購入する際の物件選びのポイントについて解説します。一戸建ての購入を検討している方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む独身者が一戸建てを購入するメリットとは? 一戸建ては、独立した生活空間として...