購入向けコラム

和モダンとは?和モダンの魅力やリノベーションするときのポイントをご紹介

和モダンとは?和モダンの魅力やリノベーションするときのポイントをご紹介の画像

高級ホテルのような雰囲気の和モダンは、近年人気のデザインです。
マイホームを購入後にリフォーム・リノベーション検討している方は、和モダンが具体的にどのようなデザインなのか気になるところでしょう。
そこで本記事では、和モダンとはなにか、和モダンの魅力やリノベーションするときのポイントをご紹介します。
リノベーションをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

リノベーションで気になる「和モダン」とは?

リノベーションで気になる「和モダン」とは?

和モダンとは日本の伝統的な和風の要素と現代的なデザインを組み合わせたインテリアデザインのことです。
和モダンの特徴は、以下のとおりです。

①天然素材の活用

和モダンのスタイルは、自然素材を重要視します。
たとえば、建築材やインテリアに珪藻土・無垢材・竹・籐・和紙などを使用するのが特徴です。
これらの天然素材は、自然の美しさと暖かみを室内に取り入れ、快適な環境を提供します。
珪藻土は湿度調整に優れており、冷暖房効果もあります。
無垢材は自然の木の風合いを生かし、家に温かみをもたらします。

②背の低い家具

和モダンのインテリアデザインでは、座高の低い家具が一般的です。
和室には、ちゃぶ台のような低めのテーブルに座布団や座椅子を置きます。
床に座ると目線も低くなるため、和室では1.5m未満程度の背の低い家具を設置するのが特徴です。
リビングには、ローソファや横長の座椅子を用い、モダンな雰囲気と空間のバランスを保ちます。

③日本の気候に合っている

和モダンの住宅は、日本の気候条件に適しているのが特徴です。
良好な通風と日当たりを考慮し、季節ごとの快適な居住環境を提供します。
また、広縁や庭など、自然との調和を重視しています。

④和と洋のバランス

和モダンスタイルは、和と洋の要素を巧みに組み合わせる点が特徴的です。
洋風の家に和室を設けたり、逆に和風の家に欧米風のデザインの家具を取り入れたりすることで、ユニークなバランスが実現します。
和モダンスタイルのリノベーションを検討する際は、これらの特徴を取り入れ、自分の好みや家のスペースに合わせてカスタマイズすると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
古民家リノベーションの魅力とは?かかる費用や補助金制度をご紹介

リノベーションにおける和モダンの魅力とは?

リノベーションにおける和モダンの魅力とは?

和モダンの魅力は、和の伝統を尊重しながら、モダンな快適さとデザイン性を同時に楽しめるいいとこ取りな点です。
独自のデザインと機能性のあるスタイルは、暖かみのある美しい空間を生み出します。

和モダンのデザインの魅力

和モダンは畳、障子、襖などの和風の要素と、現代的な家具や照明のモダンな要素を組み合わせます。
この組み合わせによって、ユニークで魅力的なバランスが生まれ、独特の魅力を醸し出します。
和モダンの家は、静かで穏やかな雰囲気を持ち、ストレスの少ない環境を提供します。
低い家具や自然素材の使用は、心理的にリラックスでき、安らぎをもたらします。
和モダンのインテリアデザインは美しいディテールや繊細な縁取りに注力している点も魅力的で、日本古来から伝わる機能美によって、洗練された外観と高級感が漂います。
リノベーションをする際は、和室にモダンな北欧デザインの家具やモダンなカラーを組み合わせると、おしゃれで新鮮な部屋に生まれ変わります。
和モダンのスタイルは、伝統的な和室の枠組みを超えて、リビング、寝室、書斎などどの部屋にも適用可能です。
大正モダンや和×北欧デザイン、モノトーン×和モダンなど、コーディネートアイデアも多彩にあるため、年齢や世代を問わず親しまれるデザインです。

日本の気候に適した住まい

前述のとおり、和モダンの家は、夏の暑さと冬の寒さ、梅雨や台風など、日本の気象条件に適応できるように設計されています。
自然素材を使用しているため、良好な風通しと日当たりを考慮し、1年を通して快適に過ごせる点が魅力です。
和モダンのデザインに使用される自然素材(木材、珪藻土、竹など)は、室内の温度と湿度を調整する能力を持っています。
そのため、日本の気候条件に適した環境を維持できます。

経年劣化を楽しめる

伝統的な和の要素を取り入れた和モダンは、古さが目立たず、経年変化を楽しむことができる点も魅力的です。
自然素材や和風のデザイン要素は、時間とともに独自の風合いを醸し出し、美しさを持続させます。
そのため、和モダンの家は長期間にわたり美しさを保ち続けることができ、家族が成長し、年月が経過するにつれてさらに魅力を増し、愛着が深まるでしょう。
経年変化は、家をより一層特別な場所として感じさせてくれる要素の一つです。

▼この記事も読まれています
リノベーションでワークスペースを作るには?費用やポイントをご紹介

和モダンの家にリノベーションするときのポイントとは?

和モダンの家にリノベーションするときのポイントとは?

和モダンの家にリノベーションする際は、具体的にどのようにすれば良いのかも気になりますよね。
主なポイントは、以下の5つです。

①和の素材を取り入れる

和モダンのリノベーションでは、和の素材感を強調することが重要です。
日本の伝統的な住宅は一般的に木造構造であり、広く木材が使用されています。
木材を取り入れることで、木の温もりを感じる場所を作り出すことがポイントです。
たとえば、玄関やリビングの柱、梁、床材に木材を使用すると、和の雰囲気を醸し出します。
壁面には漆喰、珪藻土、シラス壁などの自然素材を選ぶと、和のテイストをさりげなく取り入れた部屋づくりができます。
籐や竹、石、土、和紙など、和の素材をアクセントとして使用すると、独自の和モダンな空間を構築できるでしょう。
これにより、リノベーションされた空間は和の特徴を際立たせ、心地よい和モダンの雰囲気を楽しむことができます。

②和の落ち着いた色合いを選ぶ

和モダンな空間を目指すには、色彩の選択も重要です。
日本の伝統的な住宅は、窓の外の自然景色と調和するような自然な色合いが基本です。
アースカラーやダークトーンの色合いを採用して、落ち着いた雰囲気を演出しましょう。
壁面の塗装や家具の選定においても、明るすぎず、派手すぎない色を選び、和のテイストを保つことが大切です。
和モダンな部屋には、ダークブラウンやグレーなどの落ち着いた色合いの家具が適しています。
アクセントカラーとして、小豆色、藤色、うぐいす色、藍色、もみじ色などを取り入れると、和の雰囲気を際立たせることができます。

③引き戸を利用する

和風の住宅では、引き戸が一般的です。
そのため、開き戸から引き戸に変えると、和モダンな雰囲気を一層際立たせることができます。
引き戸には格子柄や障子の要素を取り入れると、なお良いでしょう。
引き戸は、部屋と部屋を区切るだけでなく、開放感を保ちつつプライバシーを守るのにも適しています。

④縁側を導入する

縁側は、日本の伝統的な住宅において重要な要素であり、家族が憩いの場として利用されています。
現代の住宅においても縁側を導入することで、室内と屋外の境界が曖昧になり、リラックスできるスペースが生まれます。
季節によっても利用が変わり、特に寒い季節には外部の寒さを和らげる断熱効果も期待できます。

⑤和テイストの照明を選ぶ

照明は和モダンな空間を演出するための重要な要素です。
和紙を使用した照明を選ぶと、柔らかく、温かみのある光が部屋を包み込み、和の雰囲気を一層高めます。
とくに、ペンダント型の照明や行燈風の間接照明は、和モダンなスタイルにマッチします。
照明の選定においては、和紙の特性や光の拡散効果を考慮し、空間全体に心地よい明るさをもたらすかどうかがポイントです。

▼この記事も読まれています
ペットのためにマンションをリノベーション!事例や注意点を解説

まとめ

和モダンとは、日本の伝統的な和風の要素と現代的なデザインを組み合わせたインテリアデザインを指します。
経年劣化が目立たないデザインが多いため、長く楽しむことができる点などが魅力です。
リノベーションのポイントは、和の素材と落ち着いた色合いを取り入れ、引き戸や縁側を設け、和テイストの照明を選ぶことです。


前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

不動産購入に適した時期はいつ?統計やライフイベントから解説!の画像

買いたい

不動産購入に適した時期はいつ?統計やライフイベントから解説!

目次 ▼ 統計から考える不動産購入に適している時期▼ ライフイベントから考える不動産購入に適している時期▼ 不動産を購入する時期を見極めるポイント▼ まとめ 不動産を購入したいけれど、「今ではないのでは」「もっとお得に購入できるタイミングがあるのでは」と二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。できるだけ良い時期に、安心して不動産を購入するためには、統計や自身のライフイベントを考慮する必要があります。そこでこの記事では、統計やライフイベントなどから、不動産購入に適している時期を解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む統計から考え...

定期借地権付きマンションの購入!借地権付き物件の概要やメリットを解説の画像

買いたい

定期借地権付きマンションの購入!借地権付き物件の概要やメリットを解説

目次 ▼ 購入時に知っておきたい!定期借地権付きマンションの概要とは?▼ 定期借地権付きマンションのメリット・デメリット▼ 定期借地権付きマンションの購入に向いている方▼ まとめ マンションを探していると、定期借地権付きの物件を見かけることがあります。定期借地権付きのマンションは、比較的安い傾向にあることが魅力ですが、失敗しない購入のためにはメリットとデメリットを把握して検討するのが重要です。今回は、定期借地権付きマンションの概要やメリット・デメリット、購入が向いている方について解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む購入時に知ってお...

老後に買うなら一戸建てとマンションのどちらが良い?選ぶポイントも解説!の画像

買いたい

老後に買うなら一戸建てとマンションのどちらが良い?選ぶポイントも解説!

目次 ▼ 老後を一戸建てで暮らすメリット・デメリット▼ 老後をマンションで暮らすメリット・デメリット▼ 老後の住み替えで一戸建て・マンションが向いている方の特徴▼ まとめ 「老後」と呼ばれる時期が近づいてくると、多くの方が今後の暮らしについて悩み始めます。そうすると、一戸建てに住み替えるべきか、マンションに住み替えるべきかが大きな問題となります。そこで、老後に一戸建てに住み替える場合とマンションに住み替える場合にわけて、それぞれのメリット・デメリット、向いている方の特徴を解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む老後を一戸建てで暮らすメ...

シニア世代にマンションがおすすめの理由とは?適した広さや間取りも解説の画像

買いたい

シニア世代にマンションがおすすめの理由とは?適した広さや間取りも解説

目次 ▼ シニア世代にマンションがおすすめの理由とは▼ シニア世代におすすめのマンションの間取りとは▼ シニア世代がマンションを選ぶ際に押さえたいポイントとは▼ まとめ 厚生労働省が公表した「令和4年度 簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は男性81.05年・女性87.09年となっています。長い老後生活を快適に過ごすために、引っ越しを考えるシニア世代は珍しくありません。シニア世代の住み替え先には、マンションがおすすめであることをご存じでしょうか。この記事では、シニア世代にマンションがおすすめの理由や適している間取り、マンションの選び方のポイントを解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちら...