購入向けコラム

中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリットとは?費用も解説!

中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリットとは?費用も解説!の画像

近年は、国際情勢の変化による建築費の高騰で新築住宅の価格が上昇傾向にあるのが現状です。
そのため、今年は比較的に購入しやすい価格の中古住宅へのニーズが高まっています。
そこで今回は、中古住宅を購入予定の方に向けて、フルリノベーションとは何か、メリット・デメリットや費用相場について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅のフルリノベーションとは?

中古住宅のフルリノベーションとは?

フルリノベーションとは、住まい全体を改修・改装工事を施し、新築時よりも機能や性能を向上させたり、住みやすい間取りに変更したりすることを指します。
たとえば、建物の耐震性や断熱性能を高める補修工事をおこなったり、ライフスタイルに合わせて間取りや内装を変更したりなどが挙げられます。
古い中古住宅でも、フルリノベーションをおこなうことで理想的な住まいに作り替えることができるでしょう。

通常のリノベーションとの違いとは?

リノベーションは工事の規模によって、部分的なリノベーションかフルリノベーションかに分かれます。
一般的なリノベーションは、水回りの設備を新しいものに交換したり、和室を洋室に変えたりなど、部分的な空間を改修・改装工事します。
対して、フルリノベーションをする際は、建物を一度骨組みしただけのスケルトン状態にしてから、大幅な間取り変更をしたり二世帯住宅にしたりすることが多いです。
フルリノベーションでは、住まい全体を大規模に工事するため内装や外観がガラリと変わります。
そのため、一見古めかしい中古住宅でも、フルリノベーションをおこなうことによって近代的な新築住宅のように生まれ変わる可能性もあるのです。

リフォームとの違いとは?

リノベーションと似た言葉で「リフォーム」がありますが、違いが気になる方もいらっしゃるでしょう。
リフォームとは、老朽化した建物を修理したりきれいに手入れしたりなどで再生することを指します。
たとえば、古くなった水回りの設備を修理・交換したり、汚れた壁クロスを張り替えたりなどのリフォームが多いです。
リフォームとリノベーションの違いは、改修工事の内容と目的にあります。
リノベーションが建物の機能や性能を向上させる目的もあるのに対し、リフォームは劣化した建物の機能や性能を回復する目的でおこないます。
また、修繕が必要な箇所だけを工事するリフォームの場合は、建て替えやフルリノベーションよりもコストがかからず、短期間で終わることが多いです。
そのため、なるべくコストをかけずに古い中古住宅を普通に住める状態にまで改修工事したい場合は、リフォームのほうが向いているでしょう。

中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリット

中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリット

中古住宅を購入してフルリノベーションをおこなうにしても費用がかかるため、まずはメリット・デメリットが気になるところでしょう。
中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリットは以下のとおりです。

フルリノベーションのメリット

中古住宅のフルリノベーションは、建て替えるよりも低コストで自由に間取りを変更したり、好きな内装デザインにしたりできる点がメリットです。
設備や素材も自由に選べるため、注文住宅のように理想的なマイホームにすることも可能です。
また、適用要件を満たすリノベーションをおこなった場合は、固定資産税を減額することができるメリットがあります。
固定資産税が減額となるリノベーションと、減額の割合は以下のとおりです。

●耐震補強:固定資産税額の1/2(家屋面積120㎡相当分まで)
●バリアフリー:固定資産税額の1/3(家屋面積100㎡相当分まで)
●省エネ:固定資産税額の1/3(家屋面積120㎡相当分まで)
●長期優良住宅:固定資産税額の1/2(家屋面積120㎡相当分まで)


これらの改修工事をおこなった場合は、工事完了後3か月以内に申告することで、工事完了年の翌年度分の固定資産税を1年間減額することができます。
なお、一定の要件を満たす場合は所得税の控除もできます。
詳しい内容については各自治体のホームページでご確認ください。

フルリノベーションのデメリット

フルリノベーションは、工事が完了するまでに数か月を要するため、その期間は仮住まい先を探さなければいけない点がデメリットです。
工事の計画を立てたり、工事前に住宅を調査したりする時間も必要なため、忙しい方やマイホームを購入してすぐに住みたい方にはデメリットでしょう。
また、リノベーションの工事費用をローンで賄いたい方は、ローンの金利が高くなりやすい点もデメリットです。
リノベーションのために住宅ローンを利用することはできないため、住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンを利用することになるからです。
ただし、中古住宅を購入する際にリノベーションの工事費用もまとめて、住宅ローンを利用することもできます。
自治体によっては、リフォーム減税や補助制度が使える場合もあるため、事前に役所などで確認してみると良いでしょう。

中古住宅をフルリノベーションする際にかかる費用

中古住宅をフルリノベーションする際にかかる費用

では、実際に中古住宅をフルリノベーションした場合、いくらぐらいの費用がかかるのか気になりますよね。
フルリノベーションの総額費用の相場や、工事箇所ごとの費用相場をご紹介します。

フルリノベーションの総額費用

フルリノベーションは、面積や使用する素材、工事内容によって費用が大きく異なります。
目安となる費用としては以下のとおりです。

●中古マンション:250万~900万円
●中古一戸建て:390万円~2,000万円


フルリノベーションの平米単価の目安は8万円~22万円/㎡、坪単価の目安は5万円~6.7万円/坪ほどです。
たとえば施工面積が100㎡の場合は、800万円~2,200万円ほどかかるでしょう。
素材やデザイン性、機能性にこだわるほど費用はかかります。

工事箇所ごとにかかる費用

間取りを変更するために、間仕切りを撤去したり、新設したりする場合の費用の目安は以下のとおりです。

●間仕切りの撤去:7万円~23万円/箇所
●ドアの新設:15万円~20万円/箇所


リノベーションと言えば、水回りの工事も欠かせないでしょう。
工事箇所ごとの費用相場は以下のとおりです。

●台所・キッチン:50万円~150万円
●トイレ:15万円~50万円
●風呂・浴室:50万円~150万円
●洗面所:15万円~50万円


リビングや洋室・和室のリノベーション、和室から洋室へのリノベーション費用は以下のとおりです。

●リビング:15万円~150万円
●洋室・和室:20万円~50万円
●和室から洋室へ変更:25万円~100万円


収納を設置する場合は、壁付けのクローゼットかウォークインクローゼットかによって費用が異なります。

●壁付けのクローゼット:10万円~48万円/箇所
●ウォークインクローゼット:18万円~80万円/箇所


耐震性や断熱性を高める工事をおこなう場合の費用相場は以下のとおりです。

●耐震補強:25万円~200万円
●断熱対策:20万円~120万円


一戸建ての場合は、外壁や屋根の塗装もおこないたいところでしょう。

●外壁塗装:50万円~180万円
●屋根塗装:30万円~80万円


なお、ご紹介した費用相場は、あくまで工事を単体でおこなった場合の目安です。
依頼する業者によっては、別途廃材費や諸経費がかかる場合がありますので、詳細な金額は施工業者に確認しましょう。

まとめ

中古住宅は、フルリノベーションをおこなうことで理想の住まいにすることが可能です。
通常のリノベーションやリフォームよりも費用や時間はかかりますが、自由に間取りを変更したり、好きな内装デザインに変更したりできるメリットがあります。
フルリノベーションの費用相場は、中古マンションだと250万円~900万円ほど、中古一戸建てだと390万円~2,000万円ほどかかるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

老後に買うなら一戸建てとマンションのどちらが良い?選ぶポイントも解説!の画像

買いたい

老後に買うなら一戸建てとマンションのどちらが良い?選ぶポイントも解説!

目次 ▼ 老後を一戸建てで暮らすメリット・デメリット▼ 老後をマンションで暮らすメリット・デメリット▼ 老後の住み替えで一戸建て・マンションが向いている方の特徴▼ まとめ 「老後」と呼ばれる時期が近づいてくると、多くの方が今後の暮らしについて悩み始めます。そうすると、一戸建てに住み替えるべきか、マンションに住み替えるべきかが大きな問題となります。そこで、老後に一戸建てに住み替える場合とマンションに住み替える場合にわけて、それぞれのメリット・デメリット、向いている方の特徴を解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む老後を一戸建てで暮らすメ...

シニア世代にマンションがおすすめの理由とは?適した広さや間取りも解説の画像

買いたい

シニア世代にマンションがおすすめの理由とは?適した広さや間取りも解説

目次 ▼ シニア世代にマンションがおすすめの理由とは▼ シニア世代におすすめのマンションの間取りとは▼ シニア世代がマンションを選ぶ際に押さえたいポイントとは▼ まとめ 厚生労働省が公表した「令和4年度 簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は男性81.05年・女性87.09年となっています。長い老後生活を快適に過ごすために、引っ越しを考えるシニア世代は珍しくありません。シニア世代の住み替え先には、マンションがおすすめであることをご存じでしょうか。この記事では、シニア世代にマンションがおすすめの理由や適している間取り、マンションの選び方のポイントを解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちら...

駅遠マンションとは?購入するメリットや資産価値について解説!の画像

買いたい

駅遠マンションとは?購入するメリットや資産価値について解説!

目次 ▼ 駅遠マンションとは▼ 駅遠マンションを購入するメリット▼ 駅遠マンションの資産価値▼ まとめ 物件情報を調べていると「駅遠マンション」を見かけることもあるかと思いますが、どのような特徴のある建物なのか知らない方は少なくないでしょう。駅近マンションであれば、「駅までの距離が短く利便性が高い」などのメリットをイメージしやすいかと思いますが、駅遠マンションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。そこで今回は、駅遠マンションの概要や購入するメリットに加えて、その資産価値についても解説していきます。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む駅遠マンシ...

独身の方がマンションを購入する理由は?きっかけやメリットを解説の画像

買いたい

独身の方がマンションを購入する理由は?きっかけやメリットを解説

目次 ▼ 独身でのマンション購入が増えている理由▼ 独身でマンション購入を考えるきっかけ▼ 独身でマンションを購入するメリット▼ まとめ マンションを購入するのはファミリー層が中心と思われやすいですが、なかには独身で購入する方もいらっしゃいます。独身でマンションを購入する方は、どういった理由やきっかけで購入に至るのでしょうか。そこで今回は、メリットについても触れていますので、気になる方はご参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む独身でのマンション購入が増えている理由 マンションを購入する独身の方が増えている理由は何なのでしょ...