購入向けコラム

水回りをリフォームするタイミングは何年が目安?費用相場や注意点も解説

水回りをリフォームするタイミングは何年が目安?費用相場や注意点も解説の画像

マイホームに暮らすうえで、キッチンやトイレなどの水回りは毎日使用するため、清潔さや快適さを保ちたいですよね。
そこでこの記事では、水回りをリフォームする時期や費用相場、注意点を解説します。
マイホーム購入後にリフォームをご検討中の方は、ぜひ参考にご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

水回りのリフォームをおこなう最適な時期とは?

水回りのリフォームをおこなう最適な時期とは?

水回りのリフォームタイミングは、一般的に10年~20年です。
新築住宅を購入した場合は、15年を過ぎた時期から不具合が出やすくなるでしょう。
不具合とは、トイレの水の流れが悪くなったり、蛇口から水が漏れたりすることなどが挙げられます。
見た目上は目立った傷がなくとも、構造部分の腐食や劣化が進んでいることもあります。
たとえば、以下のような不具合が発生したら、水回りのリフォームが必要な時期でしょう。

キッチンの不具合


●蛇口からポタポタ水が漏れる
●シンクの排水口がつまって水が流れない
●生ごみを処理するディスポーザーがつまって使えなくなった
●蛇口やシンク下キャビネットのなかにある排水ホースからの水漏れ


上記のような不具合は、主に給排水管やゴムパッキン、ディスポーザー本体の劣化が原因となっており、これらのリフォームが必要でしょう。

浴室の不具合


●シャワーヘッドや蛇口からの水漏れ
●浴槽や洗い場において、うまく排水されない
●水やお湯が出ない


キッチンと同様に給排水管やゴムパッキンの劣化が原因で上記のような不具合が起こります。
ただし、お湯に関しては温度調整ダイヤルの不具合が原因の場合もあります。
ゴミや髪の毛のつまりが原因で排水が悪くなっている可能性もあるため、確認してからリフォームが必要かどうかの判断をしましょう。

洗面所やトイレの不具合


●洗面台の蛇口からの水が出にくい・流れにくい
●トイレがつまって流れない
●水が流れっぱなしで止まらない
●便器やタンクからの水漏れ


上記のトラブルは、蛇口の吐水口の部品やゴムパッキン、タンク内部部品の劣化によるものが原因の一つとして考えられます。
トイレのつまりに関しては、大量のトイレットペーパーを一度に流そうとしてつまることも多いです。
これら水回りのトラブルが起きた際は、日常生活に支障をきたすため早めに専門業者に相談し、リフォームを検討したほうが良いでしょう。

水回りのリフォームの費用相場とは?

水回りのリフォームの費用相場とは?

では実際に、水回りをリフォームする際は、どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。
施工箇所ごとの費用相場は以下のとおりです。

キッチンのリフォーム相場

キッチンのリフォーム費用の相場は、約50万円~150万円です。
「ガスコンロのみ変更」や「蛇口と流し台のみ変更」のリフォームであれば30万円ほどの費用で済みます。
場所は変えずにシステムキッチンの入れ替えのみであれば、約50万円~70万円ほどかかるでしょう。
古い壁付けのキッチンを対面式キッチンに交換する場合は、配管工事や内装工事が必要なため、約55万円~200万円ほどが相場です。
台所の位置を移動し、キッチンを丸ごと交換する場合は約100万円~200万円と、高額な費用がかかるでしょう。
そのほか、食洗器やレンジフードなどのオプションをつける場合は、追加で費用がかかります。

浴室のリフォーム相場

浴室のリフォーム費用の相場は、約50万円~150万円です。
浴室に乾燥機を取り付けたり、手摺りを付けたりするリフォームの場合は50万円以下で済むこともあります。
浴室全体をリフォームする場合は100万円を超えることが多く、浴室の位置を移動する場合は約200万円ほどかかることもあります。
ユニットバス本体の価格差も大きいです。
たとえば、一般的なFRP浴槽やステンレス浴槽だと約20万円から、耐久性のある人工大理石浴槽だと約80万円からが相場となります。
ジェットバス、浴室内スピーカー、テレビなどのオプションをつける場合は、さらに追加で費用がかかるでしょう。

トイレのリフォーム相場

トイレのリフォーム費用の相場は、約15万円~50万円です。
便座のみの交換であれば約15万円、便器ごと交換する場合は約30万円が相場になります。
クロスの張り替えやウォシュレットの設置だけであれば数万円台でリフォームすることも可能です。
和式トイレから洋式トイレへ交換する場合の相場は、約15万円~60万円です。
位置を移動してトイレを交換する場合は、約20~60万円はかかるでしょう。

洗面所のリフォーム相場

洗面所のリフォームにかかる費用は、水回りのリフォームのなかでも比較的安く、相場は約10万円~50万円です。
ただし、洗面台の交換と同時に床面の張り替えもおこなう場合は、別途費用がかかります。
収納棚の変更やシャワーヘッドの取り換えのみであれば、数万円台でリフォームすることも可能です。
洗面台本体の費用はグレードによって変わり、スタンダードなものであれば20万円台で交換することができます。

水回りのリフォームをおこなう際の注意点とは?

水回りのリフォームをおこなう際の注意点とは?

水回りのリフォームをおこなう際は、以下の3つに注意しましょう。

注意点①使い勝手で選ぶ

リフォームで設備を交換する際は、デザイン性だけでなく機能性や家事動線も意識して選びましょう。
たとえば、キッチンをリフォームする際は、間取りや家事動線を意識しないと台所が狭く感じたり、使い勝手が悪くなったりする可能性があります。
また、カタログを見て気に入った設備も実際に使ってみないと、使いやすいかどうかわからないでしょう。
とくにキッチンと洗面台は、高さが身長と合わないと使いづらく、腰に負担がかかってしまう可能性があります。
そのため、水回りの設備を交換するときは、実物を確かめてから選ぶことをおすすめします。

注意点②工期を確認する

水回りのリフォームをおこなう際は、工期も確認しましょう。
とくに、浴室やトイレは生活するうえで欠かせない設備のため、リフォーム中は不便を感じるでしょう。
一般的な工期としては、浴室は約3~5日程度、トイレの本体交換のみのリフォームは1日ほどです。
ただし、電気や水道の配管工事や内装工事などもおこなう場合は、1週間ほどかかるでしょう。
キッチンの場合は交換工事のみだと約2日、レイアウトも変更する場合は約2週間~3週間かかります。
洗面台は、約1~3日で完成します。
水回りのリフォームをする際に間取り変更までおこなう場合は、さらに工期が長くなるためご注意ください。
工事中で水回りの使用ができない期間は、銭湯を利用したり、身内の家にお世話になったりなどの対策が必要でしょう。

注意点③保証やアフターサービス

リフォーム業者を選ぶ際は、保証やアフターサービスが充実しているかどうかもチェックしましょう。
保証やアフターサービスがしっかりと付いていれば、リフォーム完成後に何か不具合があっても安心です。
水回りの設備は壊れたときの修理代も高くつきやすいため、信頼できるリフォーム業者に依頼することが大切です。
ちなみに、リフォームを依頼する際には、水回り全体(キッチン・浴室・トイレ・洗面所)をまとめて工事するセットプランのほうが、個別に依頼するよりもお得でしょう。

まとめ

水回りのリフォームは、10年~20年のサイクルでおこなうのが一般的です。
費用相場は、キッチンと浴室が約50万円~150万円、トイレが約15万円~50万円、洗面所が約10万円~50万円です。
上記の水回り4点は個別に依頼するよりも、まとめて依頼したほうがお得な料金でリフォームできるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

土地はどのような流れで購入する?契約方法や引き渡しについても解説の画像

買いたい

土地はどのような流れで購入する?契約方法や引き渡しについても解説

目次 ▼ 土地購入の買い付けとは▼ 土地を購入する際の契約の流れ▼ 土地を購入する際の引き渡しの流れ▼ まとめ土地を購入する際に、買い付けをする場合がありますが、具体的な仕組みを知らない方は多いでしょう。今回は不動産購入を検討している方に向けて、買い付けの流れについて解説します。契約の手続き方法や引き渡しの流れについても触れているので、今後の参考にしてみてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買土地一覧へ進む土地購入の買い付けとは そもそも土地を購入する際の買い付けとは、どのようなものなのでしょうか。以下で詳しく見てみましょう。売主に書面で購入意思を表明...

再生住宅の寿命はどれくらい?木造住宅の耐震補強工事についても解説の画像

買いたい

再生住宅の寿命はどれくらい?木造住宅の耐震補強工事についても解説

目次 ▼ 木造住宅は何年住める?▼ 木造住宅の寿命を延ばす方法▼ 木造住宅の耐震補強工事とは▼ まとめ再生住宅は、もともとあった住宅の性能を上げるべく、リノベーションされている住まいを指します。この場合、どの程度まで寿命が延びており、何年住めるものなのでしょうか。今回は耐震補強工事についても触れているので、気になる方は今後の参考にしてみてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む木造住宅は何年住める? そもそも木造住宅は、何年住めるものなのでしょうか。以下で寿命について見ていきましょう。80~100年木造住宅は基本的に寿命が長い建物として知...

再生住宅とは?購入するメリットやおすすめの方を解説!の画像

買いたい

再生住宅とは?購入するメリットやおすすめの方を解説!

目次 ▼ 再生住宅とは▼ 再生住宅のメリット▼ 再生住宅がおすすめの方▼ まとめマイホーム購入を検討している方のなかには、「再生住宅」という言葉を目にした経験はないでしょうか。ただ、「再生住宅」とは何か、どのような特徴があるのかを知らない方は多くいらっしゃるかと思います。そこで今回は「再生住宅」とは何か、購入するメリットやおすすめの方について解説していますので、ご参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む再生住宅とは そもそも「再生住宅」とはどのような住宅なのでしょうか。具体的な特徴についてご紹介します。良質なリノベーション再...

40代で中古マンションを購入するメリットとは?選び方や注意点を解説の画像

買いたい

40代で中古マンションを購入するメリットとは?選び方や注意点を解説

目次 ▼ 40代で中古マンションを購入するメリット▼ 40代で中古マンションを購入する際の選び方▼ 40代で中古マンションを購入する際の注意点▼ まとめ仕事や子育てが落ち着き始め、40代でマンション購入を検討しているものの、年齢的に遅すぎないか、住宅ローンは借りられるのか、などと不安になっている方は多いのではないでしょうか。しかし、40代でのマンション購入にはメリットがあります。今回は、そのメリットと選び方や注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む40代で中古マンションを購入するメリット 4...