売却向けコラム

不動産売却時のインスペクションとは?そのメリットや費用をご紹介!

不動産売却時のインスペクションとは?そのメリットや費用をご紹介!の画像

不動産売却を検討している方は、できるだけスムーズに良い条件で売却したいと考えるのではないでしょうか。
しかし所有している不動産の状況によっては、スムーズに売却が進まないのではとお悩みの方も多いかもしれません。
そこで今回は不動産売却を検討している方に向けて、良い条件で売却するために有効なインスペクションとは何か、そのメリットと費用についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に有効なインスペクションとは?

不動産売却に有効なインスペクションとは?

インスペクションとは調査や点検といった意味で、不動産売却においては中古住宅など建物の劣化や修繕箇所などを調査することを指します。
基本的には、売主が買主に安心して中古住宅を購入してもらうために実施することがほとんどです。
またインスペクション自体は義務ではありませんが、2018年の宅地建物取引業法の改正によって不動産売却時にはインスペクションに関する説明が義務化されました。
つまり不動産売買時の重要事項説明のなかで、インスペクションがおこなわれている建物なのか、結果はどうだったのかといった事項を買主に説明する必要があるということです。
そのためインスペクションを実施している建物は買主にとって安心感があり、売却後のトラブルリスクを軽減できる可能性もあるでしょう。

インスペクションは誰がどのようにおこなう?

インスペクションは国で定めた「既存住宅状況調査方法基準」に従って、「既存住宅状況調査技術者」の資格を持っている建築士がおこないます。
またインスペクションは国土交通省のガイドラインで3つの種類に分けられています。
一つ目は建物の状況を把握するため、主に目視による調査をおこなう「既存住宅現況検査」です。
二つ目は建物の状態を計測機器などを利用し、より詳細に調査する「既存住宅診断」で、三つ目がリフォーム前に実施する性能向上インスペクションです。
インスペクションの対象となる住宅は、築年数2年以上の居住歴のある住宅となっているため、該当する場合はインスペクションの実施を検討してみても良いでしょう。

インスペクションをおこなうタイミング

不動産売却時にインペクションを検討している場合は、不動産会社の査定前のタイミングでおこなうのがおすすめです。
インスペクションの結果次第では査定額が変わるため、遅くとも売却活動前までには実施しておくと良いかもしれません。

不動産売却前にインスペクションをおこなうメリットとは?

不動産売却前にインスペクションをおこなうメリットとは?

中古住宅の売却において、インスペクションを実施するメリットは大きいといえます。
具体的なメリットは大きく分けて3つ考えられるでしょう。

買主が安心して中古住宅を購入できる

一つ目のメリットは、買主が安心して中古住宅を購入できることが挙げられます。
中古の建物の場合、今後どのくらい住み続けられるのか、耐久性や劣化具合などが気になるものです。
劣化の状況によっては購入後に修繕などの予算を計画する必要があり、その時期を判断したい買主もいるでしょう。
そのためインスペクションを実施していると、建物の状況が判断できることから買主は安心して購入を検討することができます。
結果的にスムーズな売却につながる可能性が高くなるのは、売主にとってもメリットといえるでしょう。

建物の状況を把握できるためトラブルを軽減できる

二つ目のメリットは、売却後に契約不適合責任などのトラブルが軽減できるところです。
売主であっても建物の見えない箇所にある不備などに関しては、すべて把握しきれないことがあるでしょう。
売主が気づかなかった不備に対して、売却後に買主から契約内容と異なる不備があったと契約不適合責任を問われる可能性があります。
しかしインスペクションを実施することで、売買契約書に建物の状態を明記できるため、双方で不備を把握し共有できることからトラブルになるリスクを減らすことが可能です。

建物の価値が上がることもある

最後三つ目のメリットは、インスペクションを実施することで建物の価値が上がることです。
インスペクションの結果次第では、築年数に対して劣化が進んでいないなど建物の価値が上がるケースがあります。
もし築年数相当の状態だったとしても、インスペクションを実施しているという実績があることによって買主の選択肢に入る可能性があるでしょう。
結果的に買主が見つかりやすくなり、スムーズな不動産売却につながるのも大きなメリットといえます。

不動産売却時のインスペクションにかかる費用とは?

不動産売却時のインスペクションにかかる費用とは?

不動産売却時のインスペクションは買主だけでなく売主にとってもメリットが多い調査といえます。
しかしデメリットとしてインスペクションには費用がかかる点が挙げられます。
気になるインスペクションの費用相場は、建物の種類や調査内容によって異なります。

一戸建てのインスペクション費用相場

一戸建てでは面積によって金額設定が異なるケースが多いですが、おおむね4万~7万円程の費用がかかると考えておくと良いでしょう。
機械を使用する検査や耐震性の審査など、より精度の高い調査を依頼する場合にはオプション料金がかかることもあるため、事前に確認しておきましょう。

マンションのインスペクション費用相場

一方、マンションなどの集合住宅では広さで金額の差を設けているケースは少ないようです。
そのため、マンションのインスペクションにかかる費用は、広さに関わらず約5万円程が目安といえるでしょう。

検査内容による費用の違い

インスペクションにかかる費用の相場は5万円ほどですが、この金額はあくまでも基本的な調査にかかる費用で調査内容によってはさらに費用がかかることもあります。
基本的な調査では建物の構造や雨漏りなどを調べますが、床下や屋根裏への侵入調査などは別途オプション料金がかかります。
オプション料金は調査内容によって異なりますが、1万~8万円ほどが目安といえるでしょう。

インスペクションに利用できる補助金

インスペクションの費用相場は約5万円前後ですが、オプション診断などを含めると大きな出費になるかもしれません。
その分スムーズな売却につながる可能性があるため、結果的には実施して良かったケースも多いといえます。
しかし、少しでも費用を抑えたい場合には自治体の補助金を受けられるか確認しておくことをおすすめします。
自治体によっては、インスペクションの費用を2分の1、上限5万円まで補助してくれる制度を取り入れていることもあります。
補助金を受けるにはいくつかの要件が必要ですが、まずはお住まいの自治体で補助金の制度があるかをチェックしてみても良いかもしれません。
インスペクションは既存住宅の流通を活発にするという目的もあるため、積極的に制度を利用して良い条件での不動産売却を進めましょう。

まとめ

インスペクションとは国の定めた手順や調査方法で資格を持った建築士が中古住宅の調査、診断をおこなうことです。
実施は任意であり義務ではありませんが、不動産売却時の重要事項説明時にはインスペクションの実施有無や結果について説明をおこなうことが義務付けられています。
買主にとって検討している住宅の状態が把握できて安心できるだけでなく、売主にとっても売却後のトラブルを軽減できるため双方にメリットがあるといえるでしょう。
不動産売却を検討している方は、スムーズな売却を進めるためにもインスペクションの実施を検討してみてはいかがでしょうか。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

財産分与で取得した不動産はもらう側に税金がかかる?ケース別に解説の画像

売りたい

財産分与で取得した不動産はもらう側に税金がかかる?ケース別に解説

目次 ▼ 財産分与で取得した不動産はもらう側に税金がかからない?▼ 財産分与で不動産取得後にもらう側が支払う必要のある税金▼ 財産分与の場合でももらう側に税金がかかる場合とは?▼ まとめ離婚による財産分与での不動産取得に税金がかかるかどうか、気になる方も多いでしょう。本記事では、財産分与時に不動産をもらう側に税金がかからないケースと不動産取得後に支払う必要のある税金、財産分与時に税金がかかるケースについて解説します。不動産を所有しており、離婚を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む財産分与で取得した不動産は...

不動産売却後に届く「お尋ね」とは?内容や対処法について解説の画像

売りたい

不動産売却後に届く「お尋ね」とは?内容や対処法について解説

目次 ▼ 不動産売却後に届く「お尋ね」とは▼ 不動産売却後に届く「お尋ね」の内容▼ 不動産売却後に「お尋ね」が届いた場合の対処法▼ まとめ不動産売却をおこなうと、税務署から「お尋ね」という書類が届く場合があります。税務署からの書類なので、すぐに内容を把握して対処することが大切です。そこで今回は、不動産売却後に届く「お尋ね」とはなにか、その内容や届いた場合の対処法について解説します。マイホームの売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む不動産売却後に届く「お尋ね」とは 一般の方にとって、税務署から書類が...

収益物件を売却したときの税金の種類や対策!確定申告までの流れも解説の画像

売りたい

収益物件を売却したときの税金の種類や対策!確定申告までの流れも解説

目次 ▼ 収益物件を売却したときにかかる税金の種類とは?▼ 収益物件を売却したときの税金対策とは?▼ 収益物件の売却から税金の確定申告の流れ▼ まとめマンションやアパートなどの収益物件を売却したときは、税金がいくらかかるのか気になりますよね。そこで今回は、収益物件を売却したときにかかる税金の種類や税金対策、確定申告までの流れについて解説します。収益物件の売却を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの投資物件一覧へ進む収益物件を売却したときにかかる税金の種類とは? 収益物件も通常の不動産と同じように、売却したときは税金がかかりま...

空き家の固定資産税が6倍に!増税までの流れと対策について解説の画像

売りたい

空き家の固定資産税が6倍に!増税までの流れと対策について解説

目次 ▼ 空き家を放置していると固定資産税が6倍も増税される?▼ 空き家の固定資産税が6倍になる流れとは?▼ 空き家の固定資産税が6倍に増税されないための対策とは?▼ まとめ空き家を所有していると、毎年の固定資産税の支払いが負担に感じますよね。実は、空き家は放置していると固定資産税が6倍になる可能性があります。本記事では、空き家の固定資産税が増税される理由や固定資産税が6倍になる流れ、増税を回避する対策について解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む空き家を放置していると固定資産税が6倍も増税される? 不動産の固定資産税は、自治体が定め...