購入向けコラム

中古マンション購入時に気になる!ハウスクリーニングの内容や費用を解説

中古マンション購入時に気になる!ハウスクリーニングの内容や費用を解説の画像

中古マンションを購入するときは、室内が綺麗に掃除された状態で引き渡されるのか気になりますよね。
本記事では、ハウスクリーニングとはなにか、ハウスクリーニングの作業内容や費用相場について解説します。
中古マンションの購入を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

ハウスクリーニングとは?中古マンション購入時は誰の負担?

ハウスクリーニングとは?中古マンション購入時は誰の負担?

ハウスクリーニングとは、掃除のプロフェッショナルが家を訪れ、特別な道具や業務用の洗剤を使用して、家全体の掃除をおこなうサービスです。
高圧洗浄機や強力な洗剤を使用するため、日常の掃除では取り除けない頑固な汚れもしっかりと落としてくれます。

ハウスクリーニングと家事代行の違いとは?

家事代行は、洗濯や料理、掃除などの日常の家事をサポートするサービスのことです。
掃除の際には、その家にある掃除用具や洗剤を使用するのが一般的です。
一方、ハウスクリーニングは、プロの特別な道具や洗剤を使用し、長期間蓄積された汚れや難しい部分の掃除を目的としています。
そのため、自分で同じレベルのハウスクリーニングを再現するのは難しいです。
しかし、新築から1~2年程度しか経たない中古マンションであれば、部分的なクリーニングをプロに依頼するだけで、十分な結果が得られることもあります。

ハウスクリーニングの費用は誰が負担する?

賃貸物件の場合、退去時にオーナーや管理会社がハウスクリーニングをおこなうことが一般的です。
しかし、中古マンションの売買時には、売主または買主がハウスクリーニングをおこないます。
売主は物件の価値を上げるため、買主は新しい生活を清潔な状態で始めるために、ハウスクリーニングを利用することが多いです。
中古マンションを購入して新生活を始める際は、前の住人の生活の影響を受けたくないですよね。
そこで入居前にハウスクリーニングをおこなうと、新しい生活を気持ちよくスタートさせることができます。

▼この記事も読まれています
建売住宅を購入するときの流れとは?契約前・契約時・契約後ごとに解説

中古マンション購入前にチェック!ハウスクリーニングの作業内容

中古マンション購入前にチェック!ハウスクリーニングの作業内容

ハウスクリーニングは、専門の会社に依頼するのが一般的です。
作業内容は、依頼する会社やサービスによって異なります。
主な作業内容は、以下のとおりです。

基本的な作業内容

玄関は家の顔と言われるほど、大切な空間です。
そのため、ハウスクリーニングでは、ドアや床、シューズボックスのなかまで、泥やホコリをしっかりと取り除きます。
キッチンのレンジフードは油汚れが蓄積しやすく、通常の掃除では取り除きにくい箇所です。
しかし、ハウスクリーニングでは専用の洗剤でこれらの汚れを徹底的に落としてくれます。
とくに、ガス台やシンク周り、戸棚の内部など、日常では手が届きにくい部分もキレイにすることができるでしょう。
トイレは、便器や便座はもちろん、天井や壁、窓まで掃除します。
トイレ特有の尿石などの汚れもしっかりと除去します。
浴室・洗面所は、浴槽の水あかや壁のカビ、洗面ボウルの汚れなど、水回り特有の汚れを徹底的にクリーニングするでしょう。
居室・廊下は、床や壁のホコリ、手すりの汚れなど、日常生活で蓄積される汚れをしっかりと取り除きます。
フローリングの歩行による傷やシミも、専用の洗剤やワックスでキレイにできるでしょう。
ベランダ・窓は、ガラスの汚れやサッシの隙間のホコリ、網戸の汚れなどを掃除します。
エアコンは、フィルターのホコリはもちろん、内部のカビや汚れもしっかりと清掃するのがハウスクリーニングの特徴です。

オプションでの作業内容

基本的な作業内容とは別に、オプションで下記の部分の掃除も依頼可能です。

●コーティング:水回りやガラス、鏡のコーティングで汚れを防ぎ、キレイを長持ちさせる
●フローリングのケア:ワックスやコーティングでフローリングを保護し、美しさを保つ
●シールの除去:古いシールをきれいに取り除く
●壁紙クリーニング:壁紙の汚れやシミを取り除く
●エアコンの分解洗浄:エアコンの内部を分解して、隅々までキレイに掃除


上記のほか、古くなった網戸を新しいものに交換する網戸の張り替えオプションもあります。

▼この記事も読まれています
建売住宅の寿命は何年?注文住宅との違いや寿命を延ばすメンテナンスを解説

中古マンション購入時に気になるハウスクリーニングの費用相場

中古マンション購入時に気になるハウスクリーニングの費用相場

ハウスクリーニングの費用は、部屋の状態や広さ、掃除する箇所によって変わります。
この章では、部屋の状態や掃除する場所ごとの費用相場や費用を抑える方法を解説します。

空室のハウスクリーニング

空室のハウスクリーニングとは、売主の退去後や空き家の場合、部屋のなかに家具や家電が何もない状態でおこなう掃除のことです。
部屋の間取りごとの費用相場は、以下のとおりです。

●1R・1K:1万8,000円~2万1,000円
●1DK・2K:2万2,000円~2万5,000円
●1LDK・2DK:2万8,000円~3万1,000円
●2LDK・3DK:3万9,000円~4万2,000円
●3LDK・4DK:4万2,000円~4万5,000円


なお、4LDK・5DKは4万6,000円からとなります。
上記のように、部屋が広くなるほどハウスクリーニングの費用は上がります。

入居中のハウスクリーニング

入居中のハウスクリーニングとは、売主の家具や家電が部屋に残っている状態での掃除のことです。
家具や家電の移動や養生シートを使っての保護などの追加作業が必要となるため、一般的に空室のハウスクリーニングよりも費用が高くなります。
部屋の間取りごとの費用相場は、以下のとおりです。

●1R・1K:2万2,000円~2万5,000円
●1DK・2K:2万8,000円~3万2,000円
●1LDK・2DK:4万円~4万5,000円
●2LDK・3DK:5万円~5万3,000円
●3LDK・4DK:6万円~6万5,000円


なお、4LDK以上は6万5,000円からとなります。

特定の場所だけハウスクリーニングする場合

特定の場所だけをハウスクリーニングすることも可能です。
たとえば、お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りだけをハウスクリーニングすることができます。
掃除する箇所ごとの費用相場は、以下のとおりです。

●お風呂(浴室):1万2,000円~1万8,000円/1か所
●トイレ:6,000円~9,000円/1か所
●キッチン:1万2,000円~2万円/1か所
●壁紙(クロス):5,000円~1万円/10㎡
●エアコン(壁掛けタイプ):8,000円~9,000円/1台


そのほか、水回り(キッチン・換気扇・浴室・トイレ・洗面所)のハウスクリーニングは3万8,000円~4万5,000円、レンジフード(換気扇)のハウスクリーニングは、1万1,500円~1万2,500円が相場です。

ハウスクリーニングの費用を抑えるためのポイント

ハウスクリーニングの費用をできるだけ抑えるための方法としては、以下の3つのポイントが挙げられます。

●空室時に依頼
●閑散期に依頼
●安さだけを重視しない


前述のとおり、空室の時にハウスクリーニングを依頼すると、家具や家電の移動が不要なため、作業がスムーズに進み、料金も抑えられることが多いです。
また、ハウスクリーニングの業界では、年末や春先などの繁忙期には依頼が集中する傾向があります。
そのため、それ以外の閑散期に依頼すると、費用を抑えられる可能性があります。
費用が安い専門業者に依頼する際には、サービスの質や内容もしっかりと確認することが大切です。
費用の安さだけで業者を選ぶと、期待したサービスを受けられないリスクがあり、かえってコストパフォーマンスが悪くなる可能性があります。
なお、ハウスクリーニング業者を選ぶ際には、料金とサービスのバランスや実績、補償制度の有無などを確認しましょう。

▼この記事も読まれています
建売住宅と注文住宅は何が違う?設計や入居までの期間などの違いを解説

まとめ

ハウスクリーニングとは、掃除のプロが家を訪れ、特別な道具や業務用の洗剤を使用して、家全体の掃除をおこなうサービスです。
作業内容は玄関や水回りなどの基本的な部分になりますが、オプションで壁紙やエアコンの分解洗浄なども依頼することが可能です。
費用は、部屋の状態や間取りによって異なり、数万円台になります。


前の記事を読む 次の記事を読む

関連記事

再生住宅とは?購入するメリットやおすすめの方を解説!の画像

買いたい

再生住宅とは?購入するメリットやおすすめの方を解説!

目次 ▼ 再生住宅とは▼ 再生住宅のメリット▼ 再生住宅がおすすめの方▼ まとめマイホーム購入を検討している方のなかには、「再生住宅」という言葉を目にした経験はないでしょうか。ただ、「再生住宅」とは何か、どのような特徴があるのかを知らない方は多くいらっしゃるかと思います。そこで今回は「再生住宅」とは何か、購入するメリットやおすすめの方について解説していますので、ご参考になさってください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む再生住宅とは そもそも「再生住宅」とはどのような住宅なのでしょうか。具体的な特徴についてご紹介します。良質なリノベーション再...

40代で中古マンションを購入するメリットとは?選び方や注意点を解説の画像

買いたい

40代で中古マンションを購入するメリットとは?選び方や注意点を解説

目次 ▼ 40代で中古マンションを購入するメリット▼ 40代で中古マンションを購入する際の選び方▼ 40代で中古マンションを購入する際の注意点▼ まとめ仕事や子育てが落ち着き始め、40代でマンション購入を検討しているものの、年齢的に遅すぎないか、住宅ローンは借りられるのか、などと不安になっている方は多いのではないでしょうか。しかし、40代でのマンション購入にはメリットがあります。今回は、そのメリットと選び方や注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてください。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買マンション一覧へ進む40代で中古マンションを購入するメリット 4...

土地購入時に確認したい「非線引き区域」とは?一戸建ての建築について解説の画像

買いたい

土地購入時に確認したい「非線引き区域」とは?一戸建ての建築について解説

目次 ▼ 土地購入時に確認したい「非線引き区域」とは?▼ 非線引き区域にある土地を購入するメリット・デメリット▼ 購入した非線引き区域の土地に一戸建ては建てられる?▼ まとめ土地購入時には、多くの方が「価格」「交通の利便性」「周辺環境」などを重視します。しかし、土地購入後に建築物を建てたい場合は、その土地は街づくりにおいてどのような位置づけなのか、どのような規制がかかっているのかなどを確認しなくてはなりません。土地の規制はエリアによってわけられているケースが多いため、まずは法律上どのようなエリアが存在するのか、知識を深めておくと良いでしょう。今回は、さまざまなエリアのなかから「非線引き区域...

団体信用生命保険のひとつ「一般団信」とは?内容や加入時の注意点を解説!の画像

買いたい

団体信用生命保険のひとつ「一般団信」とは?内容や加入時の注意点を解説!

目次 ▼ 住宅ローンの「一般団信」とは?どのような内容?▼ 一般団信に加入する際の注意点とは?▼ 団信に付けられる特約の内容とは?▼ まとめ住宅ローンの利用を検討したことがある方は、「団信」という言葉をご存じなのではないでしょうか。団信にはいくつかの種類があり、費用や内容が異なるため、ご自身に合った種類を選ぶことが大切です。そこで今回は、団信のなかでも「一般団信」について、内容や注意点などを解説します。▼ 物件情報が見たい方はこちらをクリック ▼いい部屋ネットの売買戸建て一覧へ進む住宅ローンの「一般団信」とは?どのような内容? 住宅ローンの契約時、多くの金融機関では「団体信用生命保険」へ...